飛ばし屋になる |         Swing Golf Group | JR吉祥寺駅から徒歩すぐ!手ぶらで通えるインドアゴルフスクール!

ブログ

2024.05.28

飛ばし屋になる

ゴルフで飛距離を伸ばすために、アームローテーション(腕の回転)を正しく行うことは非常に重要です。正しいアームローテーションによって、クラブフェースをスクエアに保ちながら、スイングスピードを最大限に活かすことができます。以下に、アームローテーションのポイントと練習方法を紹介します。

アームローテーションのポイント

  1. アドレス時の腕の位置
    • アドレス時にリラックスした状態で腕を自然に垂らし、肩と腕の関係が自然であることを確認します。グリップはニュートラルな位置にセットします。
  2. バックスイングでの動き
    • バックスイングでは、腕と肩が一体となって動くように意識します。右腕が体から離れすぎないように注意しながら、クラブが肩の高さまで上がるときに自然に腕がローテーションします。
  3. トップポジション
    • トップでは、右肘が曲がり、左腕が肩のラインに沿うようにします。クラブフェースがわずかに開いた状態でトップポジションに到達することが理想です。
  4. ダウンスイングでのアームローテーション
    • ダウンスイングでは、腕のローテーションを開始し、クラブフェースがインパクト時にスクエアになるように調整します。右肘が体に近い位置を通り、腕が体の前で動くようにします。
  5. インパクトでのフェースコントロール
    • インパクト時には、クラブフェースがスクエアになるようにアームローテーションを調整します。手首の角度を保ちながら、クラブフェースがボールに対して適切に向くようにします。
  6. フォロースルーでのフィニッシュ
    • フォロースルーでは、腕が体の左側にローテーションし、クラブが左肩の上まで上がるようにします。リリース後も腕が自然にローテーションし続けることが重要です。

アームローテーションの練習方法

  1. ミラー練習
    • 鏡の前でスイングし、アームローテーションの動きを確認します。トップ、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーの各ポジションで正しい腕の位置とローテーションをチェックします。
  2. スロー練習
    • ゆっくりとしたスイングでアームローテーションを意識します。スローモーションでスイングすることで、腕の動きとクラブフェースの向きを確認しやすくなります。
  3. ドリル
    • ティーアップドリル:ティーにボールを置き、クラブフェースがスクエアになるように意識しながらスイングします。
    • 片手スイング:片手でスイングすることで、腕の動きとローテーションを感じやすくします。左右の腕それぞれで練習します。
    • タオルドリル:両腕の間にタオルを挟んでスイングし、腕が体から離れすぎないようにします。
  4. ビデオ分析
    • 自分のスイングをビデオで撮影し、アームローテーションの動きを確認します。プロのスイングと比較し、自分の動きを改善します。
  5. インストラクターの指導
    • プロのゴルフインストラクターからフィードバックを受け、アームローテーションの正しい動きを学びます。

まとめ

アームローテーションを正しく行うことで、ドライバーの飛距離を最大化することができます。アドレスからフォロースルーまでの各フェーズで腕の動きとクラブフェースの向きを意識しながら練習しましょう。ミラー練習やスロー練習、ドリルを取り入れて、正しいアームローテーションを身につけることが重要です。継続して練習することで、飛距離と方向性の両方を向上させることができるでしょう。

ドライバーで飛距離を伸ばすためには、正しい体重移動が不可欠です。体重移動がスムーズで効果的に行われると、スイングにパワーが加わり、飛距離が向上します。以下に、体重移動のポイントと具体的な練習方法を紹介します。

体重移動のポイント

  1. アドレス時の体重配分
    • アドレス時は、体重を左右均等に分配します。足の裏全体で地面を感じ、リラックスした状態を保ちます。
  2. バックスイングでの体重移動
    • バックスイングの開始とともに、体重が右足に移動します。右足の内側(特にかかと)に体重が乗るように意識します。左膝が若干内側に入ることで、体重が右に移動しやすくなります。
  3. トップポジションでの体重
    • トップポジションでは、体重の約80%が右足に乗っていることが理想です。ここでの安定感が、ダウンスイングへのスムーズな移行を助けます。
  4. ダウンスイングでの体重移動
    • ダウンスイングでは、体重を右足から左足へスムーズに移動させます。この動きは、下半身(特に腰と膝)のリードによって行われます。腰を左に回転させながら、体重を左足に移動させます。
  5. インパクトでの体重配分
    • インパクト時には、体重の約70%が左足に乗っている状態が理想です。これにより、クラブヘッドが力強くボールに当たり、飛距離が出やすくなります。
  6. フォロースルーでの体重移動
    • フォロースルーでは、完全に体重が左足に移動します。右足は自然に地面から離れ、バランス良くフィニッシュを迎えます。

体重移動の練習方法

  1. スロー練習
    • ゆっくりとしたスイングで体重移動を意識します。スローモーションで体重がどのように移動するかを感じながらスイングします。
  2. 片足ドリル
    • バックスイング時に右足を少し浮かせるようにしてスイングし、体重が自然に左足に移動する感覚を身につけます。この練習は、体重移動のタイミングをつかむのに役立ちます。
  3. ステップドリル
    • バックスイングの頂点で右足を後ろにステップし、その後、ダウンスイングとともに左足にステップしながらスイングします。このドリルは、体重移動をダイナミックに体感できる練習です。
  4. ミラー練習
    • 鏡の前でスイングを確認し、体重移動が正しく行われているかをチェックします。特に、バックスイングからダウンスイングにかけての体重移動を意識します。
  5. ビデオ分析
    • 自分のスイングをビデオで撮影し、体重移動の動きを確認します。プロのスイングと比較し、自分の体重移動の改善点を見つけます。
  6. インストラクターの指導
    • プロのゴルフインストラクターから体重移動に関するフィードバックを受けます。正しい体重移動を学び、スイングに取り入れます。

まとめ

正しい体重移動を身につけることで、ドライバーの飛距離を伸ばすことができます。アドレス、バックスイング、トップポジション、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーの各フェーズでの体重配分を意識し、スムーズな体重移動を実現するための練習を取り入れましょう。スロー練習、片足ドリル、ステップドリル、ミラー練習、ビデオ分析、インストラクターの指導などを活用し、飛ばし屋としてのスイングを手に入れましょう。

ゴルフのドライバーで飛距離を伸ばすためには、ミート率を向上させることが非常に重要です。ミート率とは、クラブフェースとボールが適切に接触し、エネルギーが効率的にボールに伝わる割合を指します。高いミート率を達成するためには、正しいスイング技術と一貫性が求められます。以下にミート率をアップさせるための具体的なポイントと練習方法を紹介します。

ミート率アップのポイント

  1. アドレスの安定性:
    • 正しいセットアップ: スタンスの幅、ボールの位置、グリップ、体重配分などが正しいことを確認します。ボールは左かかとの内側に配置し、体重は均等に配分します。
    • 姿勢の保持: 背筋を伸ばし、膝を軽く曲げてリラックスした状態で構えます。
  2. バックスイングの一貫性:
    • スムーズなバックスイング: バックスイングを急がず、クラブを一定の速度で引き上げます。右肩が回転し、右腰が後ろに引けるようにします。
    • コックのタイミング: 手首を自然にコックすることで、クラブヘッドがトップポジションにスムーズに到達します。
  3. ダウンスイングでの正しい体重移動:
    • 下半身リード: ダウンスイングの開始は下半身から行い、体重を左足に移動させます。腰の回転を意識し、上半身は自然にそれに続きます。
    • クラブフェースのコントロール: インパクトに向かってクラブフェースがスクエアになるように意識します。
  4. インパクトの精度:
    • スクエアなフェース: インパクト時にクラブフェースがボールに対してスクエアであることを確認します。
    • スイートスポットに当てる: クラブフェースの中心(スイートスポット)でボールを捉えることを意識します。
  5. フォロースルーの安定性:
    • 完全なフォロースルー: インパクト後もスムーズにフォロースルーを行い、体の回転を続けます。フィニッシュでバランスを保つことが重要です。

ミート率向上のための練習方法

  1. ミートポイントの確認:
    • インパクトテープ: クラブフェースにインパクトテープを貼り、打球後のボールの跡を確認します。これにより、どの部分でボールを打っているかを視覚的に確認できます。
    • パウダー練習: クラブフェースにベビーパウダーを軽く振りかけてボールを打つと、ボールの跡が明確に残り、ミートポイントを確認できます。
  2. スイングの一貫性を保つドリル:
    • ティーアップドリル: ボールをティーアップし、高さを調整してスイングの一貫性を高めます。ティーを使うことで、スイートスポットに当てやすくなります。
    • 鏡を使った練習: 鏡の前でスイングを確認し、正しいフォームを維持します。自分の姿勢やスイングの動きを確認できます。
  3. スロー練習:
    • スローモーションスイング: ゆっくりとしたスイングで、各動作を確認しながら練習します。特にバックスイングからダウンスイングへの移行を意識します。
  4. インパクト感覚を養うドリル:
    • 片手スイング: 片手でスイングすることで、クラブフェースのコントロールを養います。左手と右手それぞれで練習します。
    • インパクトバッグ: インパクトバッグを使って、正しいインパクト感覚を身につけます。バッグにクラブを当てることで、適切な体重移動とフェースコントロールを確認します。
  5. ビデオ分析:
    • 自分のスイングを撮影: スイングをビデオで撮影し、フォームや動きを確認します。プロのスイングと比較することで、改善点を見つけます。

まとめ

ミート率を向上させることで、ドライバーの飛距離を伸ばし、飛ばし屋としてのスキルを向上させることができます。正しいアドレス、バックスイング、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーを意識し、一貫性のあるスイングを目指しましょう。インパクトテープやインパクトバッグを使った練習、スローモーションスイングやビデオ分析を取り入れることで、ミート率を効果的に向上させることができます。継続して練習し、自信を持ってドライバーショットを打てるようにしましょう。

ドライバーで飛距離を伸ばすために、ドローボールを打つことは非常に効果的です。ドローボールは、ボールが右から左(右利きの場合)に曲がりながら飛ぶショットで、通常は飛距離が伸びる傾向があります。以下に、ドローボールを打つためのポイントと練習方法を詳しく紹介します。

ドローボールを打つためのポイント

  1. アドレスとボールの位置
    • ボールの位置: ボールは通常より少し前方に配置します。左足かかとの内側にボールを置くのが一般的です。
    • グリップ: 少し強めのグリップ(右手が左手より少し下にくるように)を持ちます。これにより、クラブフェースが閉じやすくなります。
    • スタンス: スタンスは通常より少しクローズドにします。左足を少し前に出し、右足を少し後ろに引くようにします。
  2. スイングプレーン
    • インサイドアウトのスイング: ドローボールを打つためには、インサイドアウトのスイング軌道を作ります。クラブが体の内側から外側に向かって動くようにします。
    • トップの位置: バックスイングでクラブがトップに達したとき、クラブヘッドがターゲットラインよりも少し内側に来るようにします。
  3. クラブフェースのコントロール
    • インパクト時のフェース角度: インパクト時にクラブフェースがターゲットに対してややクローズドになるように意識します。これにより、ボールにドロー回転がかかります。
  4. 体重移動とリリース
    • 体重移動: ダウンスイングで体重を右足から左足にスムーズに移動させます。これにより、クラブヘッドが自然にインサイドアウトの軌道を描きやすくなります。
    • リリース: 手首を適切にリリースし、クラブフェースがクローズドになるようにします。

ドローボールの練習方法

  1. ターゲットラインを意識する練習
    • アライメントスティック: アライメントスティックをターゲットラインと並行に地面に置き、スイング軌道とフェースの向きを確認しながらスイングします。
  2. インサイドアウトのスイングドリル
    • ボールの位置を調整する: 練習場でボールの位置を少し内側に置き、インサイドアウトのスイングを練習します。ターゲットラインの内側から外側に向かってクラブを振る感覚を養います。
  3. クラブフェースのコントロールドリル
    • ハーフスイング練習: ハーフスイングでクラブフェースのコントロールを練習します。インパクト時にクラブフェースがクローズドになる感覚をつかみます。
    • ミラー練習: 鏡の前でスイングを確認し、クラブフェースの向きをチェックします。正しいフェース角度でインパクトできているかを確認します。
  4. 体重移動の練習
    • ステップドリル: ダウンスイング時にステップを踏みながら体重移動を練習します。右足から左足にスムーズに体重を移動させる感覚を養います。
    • 片足スイング: 片足でバランスを保ちながらスイングし、体重移動とクラブのリリースを意識します。
  5. ビデオ分析
    • 自分のスイングを撮影: スイングをビデオで撮影し、インサイドアウトの軌道とクラブフェースの向きを確認します。ドローがかかるスイングになっているかをチェックします。

まとめ

ドローボールを打つためには、アドレス、スイングプレーン、クラブフェースのコントロール、体重移動の各要素を正しく実践することが重要です。アライメントスティックを使ったターゲットラインの確認、インサイドアウトのスイングドリル、クラブフェースのコントロールドリル、体重移動の練習を継続して行いましょう。ビデオ分析も活用して、自分のスイングを客観的に見直し、改善点を見つけてください。これらのポイントを実践することで、ドローボールをマスターし、ドライバーの飛距離を伸ばすことができるでしょう。

ドライバーで飛ばし屋としての技術を磨くことは、ゴルフの競技において非常に有利です。以下に、ドライバーで飛ばし屋としての有利さをいくつか挙げてみます。

  1. 飛距離の重要性: ドライバーショットはゴルフで最も長い飛距離を得られるショットの一つです。コースの長いホールやティーグラウンドからのティーショットでは、飛距離を伸ばせることが大きなアドバンテージとなります。
  2. ショートホール攻略: ドライバーで長い飛距離を得られると、ショートホールやパー5ホールなどでグリーンまでの距離を短縮できます。これにより、セカンドショットやアプローチショットで狙いやすい位置から攻めることができます。
  3. 自信の向上: 飛距離を伸ばすことで、プレーヤーの自信も向上します。自信があるプレーヤーは、プレッシャーのかかるシチュエーションでも冷静さを保ち、良いスコアを出すことができます。
  4. 競技の変化: 近年のゴルフ競技では、飛ばし屋が台頭しています。長打が重要視されるPGAツアーや他の競技ツアーにおいて、飛距離を生かせるプレーヤーが成功を収めています。
  5. ホールの戦略性: 飛距離があると、ホールの戦略性が変わります。ハザードやドッグレッグをカットすることが可能になり、より攻撃的なプレースタイルを取ることができます。

ただし、ドライバーで飛ばし屋としての技術を磨くには、他のクラブと比べてより高い技術が求められます。スイングの安定性や正確性、そして飛距離だけでなく、コースマネジメントやショートゲームも総合的にバランスよく磨かれる必要があります。飛ばし屋としての技術を磨くことで、ゴルフの楽しみがさらに広がり、競技のレベルも向上するでしょう。

吉祥寺スイングゴルフグループ

早朝7時から営業だから通勤前の朝練に最適。初めての方から上級者までをサポート

4/9オープンしたシンプルスイングゴルフは、営業時間が朝7時から夜23時、幅広い時間の中であらゆるゴルフライフが生まれます。明るく清潔感ある空間で、女性会員様が3割以上と初めての方や女性の方にも安心して通っていただける施設です。高い天井に、広々とした打席やくつろぎスペースを設け、お客様が快適に練習できるよう、ゆったりと落ち着いた空間を専用設計しています。

シンプルスイングゴルフは、明るく清潔感ある空間で、女性会員様が3割以上と初めての方や女性の方にも安心して通っていただける施設です。高い天井に、広々とした打席やくつろぎスペースを設け、お客様が快適に練習できるよう、ゆったりと落ち着いた空間を専用設計しています。

シンプルスイングゴルフは初級者の方多数在籍!初心者専用のレッスンをご用意しているので、初めてトライした日からボールに当たる楽しさを体験できます。ゴルフを始めるなら是非ご利用ください。

明るくて落ち着いた雰囲気が人気。リーズナブルで初めての方も通いやすいシンプルスイングゴルフ。

月々6,900円からのリーズナブルな料金設定。初心者の方や女性から人気のゴルフスクール! 「こんなゴルフスクールがあったらいいな!」をカタチにしました!上達するポイントを簡単にわかりやすく教えて欲しいというお声に応えるシンプルなスイングを基本にした簡単明瞭なレッスンが大好評です。

忙しい方でも、運動が久しぶりの方でも、スタートしやすい定額コースをご用意。リーズナブルな価格設定でもきちんとレッスンがついているから、着実に上達していきます。

吉祥寺初!大型スクリーンに映し出される迫力ある映像をお楽しみいただけます。スイング画像をスマホでチェックすることができます。以前のスイングとの比較も可能です。

全4打席に、高精度弾道測定器・動作解析機・弾道分析器を採用。ドライバーからアプローチの距離感をしっかり掴むことができます。弾道、飛距離だけでなく、インパクトの瞬間の連続画像、ヘッドの軌道、フェース角、初速、ボールスピード、ヘッドスピード、打ち出し角、縦横のボールのスピン量などが瞬時に画面に映し出されます。

高い天井に空調が完備された快適な室内でのゴルフトレーニング。明るく広々とした打席に、落ち着いた雰囲気の練習環境をご提供しております。 開放的な空間の中で天候に左右されず、いつでも思い切りスイングすることができます。

リアルを追求した最新大型スクリーンで臨場感あるプレーを体験できるベストスイングゴルフ。

吉祥寺初!!超大型シュミレーションスクリーンを備えたゴルフスクールが誕生。個室感ある打席でじっくりレッスン受けたい方に最適なスクールです。迫力満点のコース映像が映し出され、臨場感あるプレイ体験をお楽しみいただけます。

天井まである超大型スクリーンに映し出される臨場感あふれるコース映像を見ながらショット練習。吉祥寺にいながら最上級のゴルフ体験ができます。重厚な仕切りがあるので隣の打席も気にならず、自分だけのプレイが楽しめます。

インストラクターにスイングを教わりながら、弾道を正確に測定することができる高精度シュミレーターを用いた練習を積み重ねることで、自分のゴルフの癖や特徴を知ることができ、レベルアップすることができます。飛距離が伸び、スコアが安定してくることを実感できるようになってきます。

“プロや上級者になるほどパターに力を注ぐ”と言われるほど、スコアメイクに重要な役割を果たすパッティング。地道な動作の精度を高めることこそ、スコアアップの鍵となってきます。「ショートパットが入らない」「ロングパットの距離が合わない」など課題をレッスンを受けながら技術向上させていきましょう。

#ゴルフ #ゴルフスクール #ゴルフレッスン #ゴルフ女子 #ゴルフ男子 #打ちっぱなし #ゴルフ練習場 #吉祥寺 #ゴルフ初心者 #ゴルフスイング #飛距離アップ #スエー #頭が動く #ダフリ#アプローチ #上手くなりたい #スライス#振り遅れ #パター